INTRODUCTION

「君を憶えてる」「応答せよ1997」ソ・イングク待望の主演最新作 セクシー&スマートな魅力が大炸裂! イケメン詐欺師とアラサー公務員の痛快駆け引きラブコメディ!

こんなソ・イングクが見たかった!カリスマ詐欺師で魅せる、セクシーな魅力が大炸裂!

大ヒット作「応答せよ1997」で社会現象を巻き起こし一躍トップスターの仲間入りを果たしたソ・イングク待望の主演最新作!若手実力派として絶大な人気を誇る彼が前作「君を憶えてる」の天才プロファイラー役に続き、本作では天才詐欺師役に挑戦!ダンディなスーツを身に纏い相手を見つめるどこか挑発的な眼差し、そしてラフなカジュアルルックからメガネ姿など、ソ・イングクの魅力を余すことなく散りばめた七変化にファンも完全ノックアウトの新たな魅力を堪能することができる!

スヨン(少女時代) & マ・ドンソク 脇を固める最強の豪華共演陣!

「紳士の品格」「恋愛操作団:シラノ」など立て続けにドラマ出演を飾る少女時代のスヨンが熱血公務員役を熱演!一切の妥協を許さない正義感の固まりである彼女が、ソ・イングク演じる天才詐欺師とどんなロマンスを繰り広げていくのか、目が離せない。さらには韓国映画界を支える名バイプレーヤーのマ・ドンソクが生真面目な公務員に扮し、まさかの詐欺師とタッグを組み奮闘していく姿を彼ならではの個性溢れる名演技で魅せてくれている。

OCNドラマ史上、最高視聴率を更新!大ヒット韓国映画「10人の泥棒たち」を彷彿とさせるスリリングでスピーディーな展開に釘付け!

2014年に“麻薬ドラマ”と呼ばれ、今も尚、熱いファンを誇る「バッドガイズ-悪い奴ら-」の制作陣が再び集結。詐欺師と公務員という相反する者同士がタッグを組み、悪質な脱税者から税金を徴収するという痛快なストーリーがスリリングでスピーディーな展開で構成され、大ヒット韓国映画『10人の泥棒たち』を彷彿とさせる映画顔負けの完成度の高さは必見!ストレスを抱えた現代人の胸をスカッとさせてくれる“サイダードラマ”と評判を呼び、韓国の映画専門チャンネルOCN開局以来の最高視聴率を更新!

豪華K-POPスターのOST参加も話題に!

日本でも絶大な人気を誇る“SHINee”のキーと同事務所のSMエンタが誇る新人グループ“NCT”のドヨンがテーマ曲「COOL」を、そして2016年6月に日本で記念すべき初ショーケースを開催した次世代グループ“UP10TION”がエンディング曲「RUN」を担当し、ドラマの世界観を魅力的に彩るリズミカルなナンバーで更に盛り上げてくれている。

STORY

市役所の税金徴収課で働くペク・ソンイルは、女性部下チョン・ソンヒを含むチーム員とともに高額税金滞納者の対応に悩んでいた。ある日、娘のために中古車を購入するが悪質な詐欺に遭いお金をだまし取られてしまう。自分に詐欺を働いた男ヤン・ジョンドに偶然鉢合わせたソンイルは刑事の友人の力を借り、ジョンドを捕まえることに成功する。ところが詐欺師ジョンドから「超悪質な脱税者を俺が騙して税金を取り立ててやるよ」と思いもよらぬ提案を受け、心が揺らぎ始めるソンイルだったが…。

第1話「巧妙な手口にご注意を」


ソウォン市庁の税金徴収局3課の課長を務めるペク・ソンイルは紅一点であるチョン・ソンヒを始め、部下からも慕われていた。ある日、高額税金滞納者のマ・ジンソクの元へ家宅捜索に乗り込むが「法はカネを持っている者の味方だ」と豪語するジンソクの態度に怒りを爆発させ殴りかかってしまう。懲戒は免れるも、ジンソクに小バカにされたソンイルは車を買おうと奮起するが、まんまと騙されて貯金をすべて失うハメに。その仕掛け人こそ、巧妙な手口で人を惑わす詐欺師のヤン・ジョンドだった。

第2話「兵隊アリの宿命」


詐欺に遭い落ち込むソンイルだったが、親友で刑事のトクペの助けを借りて、ついにジョンドの居場所を突き止める。激しい逃亡劇の末、ジョンドはトクペに捕まってしまう。ジョンドは自分を見逃す代わりに、ソンイルにある提案を持ちかける。それは、約60億ウォンもの税金を滞納しているジンソクに、詐欺で税金を支払わせるという内容だった。汚い手を使い税金逃れをしようとするジンソクに業を煮やしたソンイルは、ある決断を下す。

第3話「公務員×詐欺師」


ジンソクから税金を徴収するため、ソンイルとジョンドは動き出す。ジョンドは、ハクチュ、ジャワン、ミジュ、バンシルらを集め、詐欺チームを結成。ソンイルを詐欺師にするための特訓も始まる。そんなソンイルの様子が怪しいと察したソンヒは、ソンイルがジョンドと行動を共にしていることを知る。ソンヒは過去にジョンドにだまされたことがあり、今も心の傷が癒えずにいた。思いとどまるよう懇願するソンヒの説得もむなしく、ついに作戦が始動する。

第4話「課長を救え」


ソンイルとジョンドが詐欺を働いている現場を目撃し、ソンヒは警察に通報する。しかし、ソンイルたちはチームプレーによって危機を脱し、ジンソクを支える不動産の専門家、ドッキを落とすことに成功する。何としてもソンイルをジョンドから離すため、ソンヒはジンソクの滞納税を徴収しようと奔走するが、アン局長の協力を得られずに難航していた。一方、ジョンドは次の段階として不動産を使った方法を提案、ソンイル本人がジンソクに仕掛けていく。

第5話「迫りくる危機」


ジンソクに税金を納めさせる作戦が本格的にスタートするも、チームには次々とピンチが襲いかかる。ソンイルやジョンドたちは、疑い深いジンソクを何とか信じこませるために奔走し、チームプレーで難局を乗り越える。いよいよジンソクを陥れる日を目前に控えた時、今度はジョンドの詐欺行為を嗅ぎつけたサ刑事が動き出す。容赦ないサ刑事により、窮地に追い込まれるチーム。絶体絶命と思われるなか、ジョンドはサ刑事に宣戦布告する。

第6話「正義なること」


一度は作戦から手を引いたバンシルの助けにより、チームはピンチをくぐり抜ける。ついに作戦も果たされ、ソンイルはジンソクから約60億ウォンの滞納税を徴収することに成功する。一方のソンヒは、ソンイルの解雇を阻止すべく、2課のカン課長らと協力してパン社長を狙うも惨敗。さらに、ジンソクに税金を払わせたことにより、ソンイルの解雇は免れなくなったとジョンドを非難する。ソンイルを救うため、ジョンドは再び、メンバーたちに呼びかける。

第7話「積もる悔しさ」


ジョンドたちはソンイルを解雇から救うため、ソンイルが担当する滞納者たちに詐欺で税金を納めさせる。同じくソンイルを守るためにパン社長の家宅捜査に乗り込んだソンヒはチョン市長に呼び出され、ソンイルの解雇を取り消すことを条件にパン社長に謝罪するよう言われる。しかし、その頃すでに、パン社長は弱い立場にあるパクさんやジンソクを利用し、ソンヒを潰そうと動き出していた。カン課長や後輩のチャンホを巻き込み、最悪の事態へ発展していく。

第8話「500億ウォンを徴収せよ」


パン社長が手を回したことでカン課長は辞職、チャンホは重体、パクさんは死に追いやられ、怒りを爆発させたソンイルはジョンドの元を訪れる。500億ウォンもの税金を滞納しているパン社長を懲らしめるべく、ソンイルはジョンドらメンバーと共に立ち向かう。チームはまず、パン社長の財産名義となっている娘のミナ、息子のホソクへの接近を開始する。一方で、ジョンドによって身柄を拘束されているサ刑事は、自由の身になる作戦としてソンイルを呼び出す。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8

第9話「敵か味方か」


ジョンドと行動を共にするソンイルを心配するソンヒは、ソンイルに疑念を抱いていたアン局長がソンイルを尾行していることに気づき、作戦がバレたかもしれないとジョンドに伝える。ソンイルは尾行から逃れたものの、サ刑事の部下によって、身柄を拘束されているサ刑事の元へ連れていかれる。そこでサ刑事に告げられたのは、ジョンドにだまされているという内容だった。ソンイルはジョンドを信じようとするも、心は揺らいでいた。

第10話「元カノへの秘密」


パン社長の息子ホソクへの接近を順調に進めていたジョンドだが、その計画にソンヒまでもが巻き込まれてしまう。ホソクの提案によって夫婦2組で会食する場に、ソンヒがジョンドの妻になりすますことに。ソンヒは心に深い傷を抱えていたが、ジョンドがソンヒを振った理由は優しさによるものだった。一方で作戦は終盤を迎え、パン社長から滞納税500億ウォンを徴収できたと思われた。しかし、ジョンドからソンイルに告げられたのは意外な言葉だった。

第11話「絆が問われる時」


税金として納めるためにパン社長から徴収した500億ウォンを、ジョンドは自分が使うとソンイルに伝える。それは、父親と母親を陥れたパン社長に復讐するための、ジョンドの孤独な戦いだった。そんな事情を知らず、ソンイルを始めとするメンバーたちは、ジョンドに裏切られたショックを隠せない。ソンイルはジョンドの事情を知っていたバンシルを訪ねるが、そこで親友のトクペまでもがジョンドの計画に関わっていたことを知る。

第12話「守るべきもの」


両親の恨みを晴らすために奮闘するジョンドは、最後のターゲットであるチェ会長を落とすために動き始めていた。ソンイルもまた、チョン市長の説得に折れず、自らの信念を貫き通すと宣言。さらに、チェ会長の指示でクビになったアン局長からは、チェ会長によって廃止される税金徴収局を救ってほしいと頼まれる。今度こそ信じ合おうと再タッグを組むソンイルとジョンドだったが、チェ会長の策略により、逆に絶体絶命の窮地に追いやられてしまう。

第13話「孤独な闘い」


作戦を見破られたソンイルとジョンド。裁判で証言することでソンイルは救われたが、ジョンドは懲役10年を宣告される。それから2年。ソンイルは運営支援チームへ異動となり、適当に業務をこなしていた。一方、マソク洞では再開発の話が持ち上がり、住民は反対の声を上げていた。ジョンドたちの行きつけの店の主人もその1人で、ソンイルは助けを求められるも冷たくあしらう。しかし、ソンイルの行動はすべて、ジョンドとの約束を守るためだった。

第14話「いざ最終決戦」


ジョンドの仮釈放と同時に、チームは再び集結する。バンシルのボスであり、ジョンドの刑務所仲間でもあったワン会長がメンバーに加わった他、ソンヒの協力も得てチェ会長へのリベンジが始まった。ソンイルたちはチョン市長の落選と、チェ会長の財布であり、マソク洞の再開発を推し進めるクッチン建設に狙いを定める。失敗しないためにまさかの人物までも助っ人に駆り出され、半信半疑のまま作戦を遂行。そんなチームのアジトに、他でもないチェ会長が現れる。

第15話「大逆転を信じて」


ジョンドたちは、突然アジトにやってきたチェ会長に詐欺計画の資料を見られてしまう。それだけでなく、ワン会長やキム専務からは、チームの中に2年前から裏切り者がいるはずだと忠告される。作戦を成功させるため、正直に仲間に打ち明けるソンイルとジョンド。胸の内をさらすことで何とか解散を避けたチームは、作戦を変更して勝負に出る。しかし、アン理事に尾行されていたハクチュとジャワンは大ケガを負い、ジンソクも身柄を拘束されてしまう。

第16話(最終話)「正義は振り返らず」


ワン会長とジョンドの関係を知ったチョン市長は、アン理事を送り込んでワン会長の後ろ盾を得ようとする。しかし、サ刑事の暴露によって、絶縁を宣言したチェ会長にまたも弱みを握られてしまう。作戦が難航して後に退けなくなっていたジョンドは、捨て身の作戦を仲間に提案。滞納税1000億ウォンの徴収、親の復讐、そして大切な人たちを守るために、ソンイルとジョンドは大勝負を仕掛ける。そして2人は最後に、それぞれのやり方で前に進んでいこうと誓い合う。

  1. 9
  2. 10
  3. 11
  4. 12
  5. 13
  6. 14
  7. 15
  8. 16

CHART

CAST & STAFF

CAST

  • ヤン・ジョンド
    ヤン・ジョンド

    ルックスと天才的な頭脳、素早い判断力、大胆な行動で数々の詐欺を働いてきた天才イケメン詐欺師。38師機動隊を率いてソンイルの手助けをする。

    -ソ・イングク
    1987年生まれ。代表作に「応答せよ1997」、「主君の太陽」、「君を憶えてる」、「ショッピング王ルイ」など。

  • チョン・ソンヒ
    チョン・ソンヒ

    公務員試験に半年で合格した秀才の税金徴収員、ソンイルの部下。ある日、思わぬ形で元カレであるヤン・ジョンドと再会する。

    -スヨン(少女時代)
    1990年生まれ。K-POPアイドルグループ少女時代のメンバー。代表作に「私の人生の春の日」、「紳士の品格」、「恋愛操作団:シラノ」 など。

  • ペク・ソンイル
    ペク・ソンイル

    税金徴収3課 課長。真面目だが融通が利かず、そのせいで悪質滞納者に翻弄されてきた。しかし、ジョンドと手を組み、悪質滞納者と戦うことに。

    -マ・ドンソク
    1971年生まれ。代表作に『俳優は俳優だ』、『尚衣院-サンイウォン-』、「バッドガイズ-悪い奴ら-」など。
    最新映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の日本公開も控えている。

STAFF

【演出】ハン・ドンファ ×【脚本】ハン・ジョンフン「バッドガイズ-悪い奴ら-」

PRODUCTS & OA

SELL

DVD-BOX1
DVD-BOX1
2017年82日(水) 発売

¥15,000+税  TCED-3596
4枚組(第1話~第8話収録)

●初回限定特典
・ポストカード3枚セット

●封入特典
・ストーリーブックレット

●特典映像
・制作発表会&プレミア試写会
・ソ・イングク 撮り下ろしインタビュー Part1

DVD-BOX2
DVD-BOX2
2017年96日(水) 発売

¥15,000+税  TCED-3597
4枚組(第9話~第16話<最終話>収録)

●初回限定特典
・ポストカード3枚セット

●封入特典
・ストーリーブックレット

●特典映像
・スペシャルメイキング&コメンタリー(約58分)
・ソ・イングク 撮り下ろしインタビュー Part2
・日本版予告編

RENTAL

Vol.1〜5
2017年82日(水) レンタル開始
Vol.6〜10
2017年96日(水) レンタル開始

OA

Mnetにて
2016年926日(水) より放送
衛星劇場にて
2017年213日(月) より放送

共通 ■カラー ■16:9 LB(HDサイズ)■片面1層(一部 片面2層) ■音声:韓国語2.0chステレオ (ドルビーデジタル) ■字幕:日本語
2016年/韓国/全16話/原題:38사기동대/字幕翻訳:江波智子、小西朋子

発売:ソネットエンタテインメント/クロックワークス
販売元:【セル】TCエンタテインメント 【レンタル】クロックワークス
© STUDIO DRAGON CORPORATION

MOVIE

日本版予告編

DVD-BOX1特典映像より
ソ・イングク インタビューを一部公開